ksudoのブログ(仮)

ソフトウェア開発やシステムトレードおよび日常について綴ります。

半年経過

独立して半年が経ったので、現状や感想を書いてみようと思います。

 

仕事

 

トレーディングシステムを回しつつ、スマホアプリ開発を始めているというのが現状です。会社員時代から開発してきたトレーディングシステムで、生活費を賄えているので、準備してきた甲斐がありました。

 

スマホアプリ開発の方は色々とリソースを投入しているのですが、これをマネタイズしていくのはかなり難しそうだなという感触です。ただ、全く稼げていないとはいえ、スマホアプリ開発は面白いですね。プログラミングとしての面白さもありますし、どれだけダウンロードして貰えるかワクワクするという点で、システムトレードと同様に山っ気を刺激されます。ですので、まだまだ続けてみようかなと思います。

 

↓初めてリリースしたスマホアプリです。

play.google.com

 

自由

 

独立して一番良かったのは、やはり自由だということです。時間の使い方は自由ですし、何をするかも自分で決めることができます。会社員だった頃は、 必須研修だったり、週報提出だったり、社内的な謎の儀式だったりと、「これ俺の人生に一ミリも関係ないよな」ということでもやらざるを得ませんでしたが、今は自分にとって意味があることに注力できます。それがとても心地良いです。

 

自由になると心の余裕もできます。例えば、うちの子供はまだ保育園に通っているのですが、「行きたくない」と駄々をこねることもあります。そんな時に、会社員だった頃は迫ってくる会議のことを考えたりして焦ったものでしたが、今はそんなことはありません。子供の機嫌が良くなるまで待つことができますし、なんなら休ませても何ら問題ありません。このようにゆとりが生まれたのが良かったです。

 

感情

 

心に余裕ができたことの裏返しかもしれませんが、感情の起伏は小さくなった気がします。会社員だった頃は、金曜夜には解放感に包まれて、日曜夜には憂鬱になったものですが、今はそんなことはありません。ずーっと、好きなことをやっているためか、ずーっと、何となく楽しいというような気分です。

 

ただし、感情の起伏が小さくなったためか、時間の進みがやけに早く感じるようになりました。このままだと主観的な人生が短くなってしまって勿体ないお化けが出そう。というわけで、感情の起伏を大きくするために、むちゃくちゃ面白いものを見つけるとか、新しいチャレンジをするとか、何かやらなければと思います。(コロナ早く収束して)

 

以上、独立半年時点の感想でした。

 

f:id:k-sudo:20210505085527p:plain